消費税アップや外国の諸問題で、燃料の価格が高騰し、マイカーで国内旅行をする人が連休中、減ってしまったそうです。

国内旅行は行ったことがない土地へ行くべきです
国内旅行は行ったことがない土地へ行くべきです

燃料高騰で国内旅行がピンチになるかも!?

ゴールデンウィークには、ご存知の通り行楽地は、どこも混み合うのが常ですよね。2014年も、勿論同様だった訳ですが、4月に行われた消費増税に加え、外国で起こって居る不安定な政治状況が重なって、石油燃料の価格の高騰が著しくなりました。また、高速道路も、ETCによる割引が廃止になったものが多く、自動車で移動する方については、深刻な事態と、どうもなった様です。

連休直後のある調査で、2014年度は、鉄道も、高速道路も、利用客が少なくなったと云う結果が出たそうです。また一方で、それまで車での移動が殆どだった方が、公共交通手段で移動したケースと云うのが、一部で需要が伸びた様です。旅行をする為に、交通手段は様々ですが、このまま燃料の価格が高くなりすぎていくと、これからの国内旅行の繁忙期の需要がピンチになってしまうかもしれません。折角、景気が回復傾向にある今、なんとか旅行したいですから、海外情勢なので致し方ないというのではなく、これ以上の燃料価格の高騰に歯止めをかける施策を講じて欲しいと思います。

誰もが海外ではなく、もっともっと国内旅行に行きやすくしてくれなければ、きっと景気は先細りしてしまうでしょう。富岡製糸場が、世界文化遺産に登録されそうです。富士山も、より多くの方を受け入れる体制を整えつつあります。観光地は、努力を重ねていますから、何とか旅に行ける様にして下さいね。